問題解決の方法を考える

債務整理をするなら、幾らくらいの借金がある人が適切なのかという点は、簡単には答えられない問題です。ただ、数十万円の借金の場合、ちがう業者などからお金を借り入れて、それまでの債務を払い終えることもできるかも知れません。とはいえ、多重債務者であることに変わりはないでしょうから、お金の工面には相当苦労するではないでしょうか。

何にせよ、早々に弁護士事務所を訪ねて、債務整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言を貰う方が結果的には良いと言えます。債務整理を弁護士、司法書士に任せるとき、初めに気にかけるべきは着手金とその後にかかる費用についてです。

着手金の相場は一社ごとに二万円ほどということです。中には着手金0円を掲げる弁護士事務所も目にしますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、注意して依頼してちょーだい。

債務整理といっても実際は3種類(時には新しく発見されることもあるようです)に分かれていて、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、借りたお金が免責になる自己破産があります。
3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、基本的に債務者に一定の収入があることが条件となっています。個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、手つづきがしゅうりょうしたあとも債務を返済していく必要があります。

完済まではずっと借金を返していくのですし、本人に収入があることが求められるのです。すぐにでもお金の借入を整理したいと思ってはいるものの、所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、債務整理の方法のうち任意整理なら引きつづき持っていられる可能性もあります。任意整理では債権者を選り抜いて整理出来るので、持っていたいカード会社はその通りに、それ以外の債権者と任意整理をおこなう事により、カードをもちつづけられます。

とは言え、どうしても任意整理をおこなう以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、カードの更新にあたってはそれが元で利用停止となる見込みが高いでしょう。
借金は払えない