任意整理とは、債権者と債務者との話合

任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように依頼するという公の機関である裁判所を通さずに借りたお金減額の対処方法です。

おおかたの場合は弁護士とか司法書士が債務者に代わって話し合いをして、月ごとに支払う金額を減らすことで、借りたお金を全て払える道筋がついてきます。よく質問されるのですが、弁護士のほかにも、司法書士でも債務整理は可能です。ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。手つづきを開始した時点で金額の総計が遅延損害金を入れて140万円を超えていたら、そこから先は司法書士は手つづきに携わることはできません。 そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、手つづきを司法書士に委任するときは事前に債務額をきちんと整理、掌握しておく必要があります。
債務を整理手つづきを取るには、弁護士や司法書士に借りたお金の整理の手つづきをお願いしてください。依頼をするとなるとお金が必要になりますから、お金を用意できなければ依頼できないと考えている方もいるでしょう。しかし、事務所などに支払う料金は、無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。

金銭的な余裕のない依頼時に、まとめて請求されることはありません。

ですから、債務整理の依頼に関して、金銭的な心配はあまり必要ありません。

借りたお金の整理は個人の債務を整理するものですから、婚約者がいようと制限はありません。

債務整理をしたからといって、相手が債務を肩かわりするということは100%ありませんから、心配しないでください。
とはいうものの、相手の気もちとして、婚約者が債務を整理をしていることを好ましいと思う人は少ないでしょうから、きちんと事実を相手に話し、結婚へ進みましょう。
どんな状況なのかによって、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは違うでしょう。前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。

他方、後者は利息を下げた借り替えをすることができればやや支払う総額が減るものの、借りたお金の整理での減少額には敵いません。 でも、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。